難聴のレベルは4つに分類される

難聴と一口にいっても、そのレベルにより大きく異なります。
いわゆるちょっと耳が遠い程度の軽度難聴から重度難聴まで4段階に分類されます。
①軽度難聴(聴力レベル25~39db)
このあたりの軽度難聴は日常生活に大きな不便は感じません。
少し小声やささちやきが聞き取りにくいというレベルです。
人間 誰しもが年齢を重ねて高齢者になると耳が遠くなるものです。
そのため小声でささやかれたりすると、音はわかっていてもその内容が聞き取りにくいようになってきます。

②中等度難聴(聴力レベル40~69db)
この中等度難聴は、大きめの声なら聞き取れるが、普通の会話だと聞きづらいという状況です。
また、よくあるのが自分の声の大きさも聴力低下で把握できなくなり、つい大声で話してしまうことです。
また、後ろから話しかけられると気づかないということもよくあります。
音の方向感や距離感がつかめないため、接近した車にもきづかないこともあります。
このあたりの難聴レベルから、様々なコミュニケーションの困難さや精神的ストレスも増えてきます。

③高度難聴(聴力レベル70~89db)
この高度難聴まで行ってしまうと普通の会話が聞き取れず、相手もたえず大声で話さないといけなくなります。
日常生活の様々な場面で聞き取りに苦しみ、不安や不満が貯まる状態です。
家族との円滑なコミュニケーションもひと苦労しますし、外出時の安全確保のためにも補聴器の利用もおすすめします。

④重度難聴(聴力レベル90db~)
身も芋とpで大声で話しても聞こえない。
この重度難聴にまで進行してしまうと、聞こえるのは工事現場の騒音や電車の通貨音、自動さ派の暗くyション程度になってしまいます。
補聴器を利用しても十分な危機路利も難しく、人工内耳を考える段階です。

このように難聴は症状が進行するとともに難聴レベルも上がっていってしまいます。
症状を感知するのは難しいですが、改善することはいろいろな工夫で可能です。
ミライスピーカー デメリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です