浮気調査の失敗原因の多くは探偵ではなく依頼者の妻

浮気調査の成功率は100%ではありませmん。
もし浮気調査成功率100%と宣伝している探偵事務所は少し眉唾ものの疑いがあり相談するのはおすすめできません。

大手探偵事務所であっても浮気調査の成功率は80%程度と言われています。
それは探偵の腕が悪いからか?
いえいえいえ、浮気調査の失敗の原因の多くが「依頼者」つまり浮気調査を依頼した妻のことが多いのです。

浮気調査が失敗するケースをご紹介しておきます。
①依頼者が探偵業者に対して中間報告を求めた。
 その際に得た情報から感情が抑えきれずに調査対象にすべて話してしまった。
②依頼者の態度が普段と違うことに調査対象者に指摘され、動揺してすべて話してしまった。
③契約書などの管理の不注意で、調査対象者に浮気調査依頼していることがバレてしまった。

このようなケースって珍しくないのです。

確かにひとつ屋根の下で暮らしている離婚前の段階で夫の浮気調査を依頼している妻にとって心理的プレッシャーは相当なものです。
いくら探偵から「普段通りに振る舞ってください」と言われても無理なこともあります。

しかし、これは浮気調査をすると決めたのであれば、乗り越えなければならないハードルです。
私はいつも「奥さん 女優になったつもりで振る舞ってください」とお願いしています。
たとえ浮気の現場を押さえていても、切り札である浮気の証拠をいつ使うか?
これも離婚話を有利に持っていくうえで重要なことなのです。

いわんや浮気の証拠がまだ押さえられていない段階では、もはや浮気調査は諦めざるおえません。

意外と浮気調査がバレる原因で多いのが③の探偵業者と取り交わした契約書です。
もし、夫と同居している自宅での保管が不安であれば、親族や探偵事務所で預かってもらってはいかがでしょうか?
日頃へそくりを隠していることもあるかもしれませんが、意外と自宅での物を隠す秘密の場所って難しいものなのです。
妻の下着を入れているタンスの奥?
そんなところ、違和感に気づいた夫なら真っ先に探されますよ!
旦那のlineを見る方法

老親の終の棲家は老人ホーム?それとも自宅?悩まし問題です

高齢になり介護も必要になってきた老親。
この老親の終の棲家をどうしますか?
介護のことを間mンが得たら
、いつ魔d芽生実家の家でというわけにもいきません。
しかし、老人ホームは良くも悪くも共同生活。
今まで通りの自由気ままな暮らしはできません。
なにより老人ホームのお金の問題もあります。
少ない年金ですから、親も老人ホームのためにコツコツと貯金をしているということもないでしょう。

気を付けたいのは、老人ホームにはいろいろな種類があり、それによって提供するサービスも費用も大きく異なるンドエス。

例えば老人ホームお種類には
・サービス付き高齢者住宅(いわゆるサ高住)
・住宅型老人ホーム
・介護付き老人ホーム
があります。
わかりやすくいえば
・サービス付き高齢者住宅(いわゆるサ高住)→バリアフリーの賃貸マンション
・住宅型老人ホーム→賄い月の寮
・介護付き老人ホーム→病院の延長
といえるかもしれません。

サ高住やじゅきょ型老人ホームでは手厚い医療体制を期待できません。
今は医療費削減のために入院も3か月までとなっています。
退院して老人ホーム(酒匂お十夜受託型老人ホーム)に戻っても、病院並みの医療看護は受けられないのです。
その点、介護付き老人ホームならば安心して医療看護を受けることができます。
病気が悪化し、「胃ろう」や「点滴」など高度な医療が必要になっても大丈夫です。
そもそも介護付き老人ホームは医療法人が毛家母体のことがほとんどですからね。
ただし、元気なお年寄りには居心地よくないのも介護付き老人ホームです。
なかば、ほぼ病院というスタイルですから、楽しいレクレーションや自由行動などもできません。

老人ホームもいろいろ
その時、その時で必要な介護サービスや医療体制もいろいろ
だからこそ老親の終の棲家選びは簡単ではありません。

でも、できるだけ自宅で暮らせるの一番なことは間違いありません。
もし万一、自宅で不慮の事故で無くなることがあったとしても、老人ホームになんかはいらずに自宅で天寿を全うできたのならばそれも幸せといえるのです。
親の介護しない方法